精神とザキの部屋

あなたの商品や企画の成約率を上げるセミナーの構成内容と具体例

 
  2020/08/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

セミナーは感情的価値が上がりやすいので、うまくいけばその日に商品を売ることができます。

とはいえ、やみくもにやっても成約率は上がらないので、今回は、成約率を上げるセミナーの構成内容と具体例について解説していきます。

成約率が高いセミナーの構築動画

550

成約率が高いセミナーの流れ

成約率が高いセミナーは下記の流れで行います。

  1. ベネフィットを提示する
  2. 成功事例の話をする
  3. 商品の具体的な説明を行う
  4. 自分の過去と商品を絡める
  5. 緊急性を出す
  6. 行動を促す

 

上から順に実行していきます。

次の項目で一つずつ解説していきます。

ベネフィットを提示する

最初の流れでは、セミナーを最後まで聞き続けるメリットやセミナーを聞いた後はこんな素敵な未来があります、という内容をセミナー参加者に話して、最後まで聞かないと損をすると思わせます。

成功事例の話をする

あなたがセミナーで売りたい商品の成功事例や実績を話します。

この商品を買ったらこんなにいいことがある、というイメージを与えます。

商品の具体的な説明を行う

ここでは、商品の持つ機能やスペックの具体的な情報を話します。

要は機能的価値を提供するということです。
参考:初心者でも理解しやすい機能的価値の基本と4つの高め方

自分の過去と商品を絡める

次はあなたの過去の出来事や理念を、売りたい商品と関連付けして、参加者の人たちに話します。

ここでは嘘偽りなく話してください。

また、物語性を意識してください。
関連:魅惑の感情マーケティングの基本と注意点とは?

あなたの熱い本気の思いで多くのセミナー参加者が心が揺らいできます。

これは感情的価値を提供するということです。
参考:感情的価値を高めてあなたのことが好きなファンを増やす方法

緊急性を出す

次は緊急性を強調してください。

『今日を逃すと二度と手に入らない』
『全員がこの商品を買えるわけではない』

といった感じで緊急性を出します。

行動を促す

最後は行動を促します。

やはり最後に行動を促さないと意外と成約しません。

最後の一押しをする感じで話してください。

セミナー具体例

実際にセミナー内容を考えて具体例を出してみます。

セミナー内容は動画コピーライティングにします。

  1. あなたは集客に困らなくなる
  2. コンサル生50人の成功事例
  3. 30分で作った動画で1日20リスト
  4. 文章と動画が好きだった+過去の失敗
  5. 今日のセミナーを逃すと世には出ない
  6. 手元の申し込み用紙に記入を!

 

実際にやるとしたらもっと中身を煮詰めなければいけませんが、イメージとしては上記のような感じです。

セミナーは感情的価値が高まりやすいので、上記の流れで行えばかなりの成約率になります。

セミナーを開催する場合はぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 創造の万事屋 , 2020 All Rights Reserved.