精神とザキの部屋

感情的価値を高めてあなたのことが好きなファンを増やす方法

 
  2020/08/26
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

ブランディングを構成する3つの要素の1つ、感情的価値を高めると、お客さんはあなたのことが好きになり、ファンになります。

今回は、あなたのことが好きなファンを増やす方法について解説します。

感情的価値の必要性と高め方動画

550

 

ブランディングの基礎はこちらをご覧ください。
参考:ブランディングであなただけの濃いファンを作る方法

感情的価値とは

感情的価値とは相手のことが好きか嫌いか、というものになります。

感情的価値が高いということは好きと思われることです。

とにかく理屈抜きで好きになること、感情的に好きになることを言います。

感情的価値が高いと商品が普通でも、あなたのことが好きなファンはあなたの商品を買ってくれます。

あなただから、あなたが好きだから、尊敬しているから買うのです。

 

例えば、好きな人や芸能人が使っているものがあったら、無性に欲しくなることがありますよね?

ファンであればあるほど買いたくなります。

また、感情的価値が高いと実質ライバルがいなくなります。

そもそもお客さんはあなたのファンなので、ライバルからは商品を買わなくなります。

感情的価値の必要性

ファンを作るには、まずはあなたの存在を知ってもらわなければなりません。

そういう意味では最初は機能的価値を高める必要があります。
参考:初心者でも理解しやすい機能的価値の基本と4つの高め方

しかし、機能的価値だけを高めていては、その後ファンになる可能性は低いです。

やはり、『好き』という感情がなければファンになりにくいです。

つまり、機能的価値と感情的価値の両方を高めることが大事です。

 

例えば、お店のマスターや定員がものすごく愛想がよくて、いつもサービスをしてくれるお店は自然と好きになって常連になりますよね?

逆に、料理はおいしいけどサービスが最低のお店には、なかなか二回目は行こうとは思いません。

僕も近所によく利用させてもらっているカフェがあるのですが、正直もっとおいしいお店はあります。

しかし、お店のマスターや店員が気さくでとてもいい人たちです。

 

常に気をかけてくれて、サービスもかなり良いです。

僕は初めて行ったときから完全にそのお店のファンになりました(笑)

あと『塚田農場』というお店があるのですが、このお店に行ったことがない人は、ぜひ一度行ってみてください。

感情的価値の作り方が非常に上手いので勉強になります。

一瞬でファンになりますよ(笑)

 

また、別の例でいえば、恋愛も同じです。

理性的な考えよりも好きという感情を優先する人は多いです。

恋は盲目という言葉があるくらいなので。

高校生だけど先生を好きになってしまったり、相手が結婚しているのに好きになったり。

理性ではダメだと分かっていながらも、やはり好きという感情は抑えられません。

感情的価値はそれだけ影響力が強いのです。

感情的価値の高め方

感情的価値は下記の項目を実行することで高めることができます。

オリジナリティを出す

自分だけにしか出せないもの、自分だけにしか出せない語れないことを話します。

オリジナリティを出すのは難しそうですが、あなたの過去の出来事を織り交ぜながら話せば、自然とオリジナリティ溢れるものになります。

積極的なコミュニケーション

問い合わせがあったり、質問を受けたら迅速な対応をしてください。

また、積極的にスカイプやコンサルでコミュニケーションを取れば、感情的価値はかなり高まります。

これは単純接触効果になります。

信頼を貯金する

信頼はお金と同じで貯金することができます。

よく信頼残高ともいいますよね。

メルマガなどでも商品を売り込むことしか考えていない人の読者は、疲れてきて、最終的には離れていきます。

毎回売り込むと疲れてしまいます。

これでは信頼残高はどんどん減っていきます。

信頼を増やすには、やはり目の前の人を、本当に救いたいという思いで、全力を注ぐことです。

特別感を出す

相手に特別感を提供すると感情的価値は高まります。

あなたもいつも通っている飲み屋で、普通の席に通された場合と、日頃の感謝でVIP席に通された場合とでは、VIP席に通されたときの方が嬉しいですよね。

他の人たちと差別化して特別感を提供すれば、よりあなたのファンになってくれますよ。

 

感情的価値を高めれば、一生あなたについてきてくれるファンを作ることも可能なので、ぜひやってみてください。
関連:<自己表現的価値を高めてビジネスを右肩上がりにし続ける方法

この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 創造の万事屋 , 2020 All Rights Reserved.