Google XML Sitemapsでブログに目次を作りインデックスを早める方法


この記事は約 3 分で読めます。


どうも、ザキオです。

今回はWordPressプラグインの、Google XML Sitemapsについての設定方法と使い方を解説します。

Google XML Sitemapsについて

Google XML Sitemapsとは簡単にいえば、クローラーというサイトの記事を見て回るロボットが見やすいように、目次を作成するプラグインです。

また、訪問者がサイトのどこにどんな記事があるのか、探しやすいように記事をまとめた目次がサイトマップです。

ユーザー向けのサイトマップ作成プラグインはこちら。
参考:目次作成プラグインPS Auto Sitemapでユーザーの滞在時間アップ?

Google XML Sitemapsのサイトマップとは?

Google XML Sitemapsで作成できるサイトマップとは、要するに検索エンジンのクローラーに、

『ここに記事があるので見て下さい!』

と知らせる看板のような物です。

あのネオンでチカチカ光っている看板のイメージです。

基本的にサイトの記事はこのクローラーに見つけてもらえないと、誰にも見られることなく埋もれていきます。

だからこそサイトマップは重要なのです。

サイトマップの役割

サイトマップはユーザビリティの向上と、クローラーの巡回目的の二つの役割があります。

 

サイトマップを作ることで記事のインデックスも早くなるので、絶対に入れておきたいプラグインです。

インデックスが早くなれば、アドセンスブログアフィリエイトでかなり有利になるので、早めに導入しましょう。

Google XML Sitemapsの設定方法

1.まず、ダッシュボードのプラグイン⇒新規追加でGoogle XML Sitemapsを検索してインストールしてください。

すると下記の設定欄にXML Sitemapsが追加されているのでクリックしてください。
1

 

2.赤枠の部分は全部チェックを入れてください。(入っている場合はそのままで)

 

3.次に『優先順位を自動的に計算しない』を選択してください。

 

4.下記赤枠の『ホームページ』『投稿(個別記事)を含める』『固定ページを含める』『最終更新時刻を含める』にチェックが入っていることを確認します。

5.『設定を更新』を押して完了です。

Google XML Sitemapsがインストールできたら、Search Consoleも設定します。
Search Consoleについてはこちらをご覧ください。

GoogleSearch Consoleへのサイト登録

 

Search Consoleもサイトを運営していく上で、なくてはならない存在なのですぐに導入してしまいましょう。

 
他のオススメプラグインは下記をご覧ください。
参考:アドセンスブログアフィリエイトにオススメ!21個の必須プラグイン





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す