精神とザキの部屋

ブラック企業ランキング2017大賞はあの会社?特徴と見分け方

 
  2018/04/14
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

buraku

ブラック企業と聞くと様々な会社が思い浮かぶと思います。

2017年度もけっこう色々な企業がブラック企業ランキングに入りました。

今回はブラック企業ランキング2017にノミネートされた企業をまとめました。

また、あなたの勤めている会社がブラック企業ではないか、見分けるためにその特徴を解説しています。

ぜひ参考にしてみてください。

ブラック企業2017年大賞は?

2016年のブラック企業ランキングでは電通、ディスグランデ介護株式会社などが上位にランクインしていました。

電通は断トツでしたね。

では、2017年のランキングはどのような企業がランキングに入っているのでしょうか。

まずはブラック企業大賞にノミネートされていた企業を見てみましょう。

ノミネートされたブラック企業

  • ゼリア新薬工業株式会社
  • 株式会社いなげや
  • パナソニック株式会社
  • 新潟市民病院
  • 日本放送協会(NHK)
  • 引越社関東(アリさんマークの引越社)
  • 大成建設株式会社・三信建設工業株式会社
  • 大和ハウス工業株式会社
  • ヤマト運輸株式会社

 

ランキングが決まるまで、ノミネート企業は増える可能性があるので、情報が入り次第追加していきます。

ノミネートされた企業のブラックな詳細などはこちらで確認できます。
ブラック企業大賞2017 ノミネート企業発表!

 

今のところ現段階での投票の結果ですが一位が圧倒的にNHKになっています。

過労が原因で女性が亡くなった事件は当時いろいろなテレビ番組で放送されていました。

ヤマト運輸に限らないですが宅配系の仕事はけっこう体育会系な要素が多く、普通に暴力がまかり通っているところも多いそうです。

パートやバイトも立場上、下になるので扱いが酷い場合もありそうです。

あとこれは宅配会社だけではないですが、アルバイトやパートに正社員並みの労働をさせ、バイト代は安く支払い、時間外労働のバイト代も出さないというブラックバイトは昔から話題ですが、なかなかなくなりませんよね。

中には学業にも支障が出るレベルの労働をさせられていた学生もいたようです。
関連:飲食店のバイトや店長が仕事を辞めたいならネットビジネス?

今回ノミネートされた企業ではほとんどが、残業超過、未払い、過労死が起こっているそうです。

 

引越社関東はとある社員に『罪状』などと紙に書いたものに社員の顔写真をつけて、同グループのお店に貼り付けたりしていたようです。

まるで学校のいじめです。

これらの企業の情報は検索するとさらにいろいろと出てくるので興味がありましたら見てみてください。

次に、ブラック企業大賞ランキング2017の予想です。

ブラック企業ランキング2017

ブラック企業ランキングの予想は下記です。

  1. 1位:日本放送協会(NHK)
  2. 2位:引越社関東(アリさんマークの引越社)
  3. 3位:ヤマト運輸株式会社
  4. 4位:ゼリア新薬工業株式会社
  5. 5位:パナソニック株式会社
  6. 6位:大和ハウス工業株式会社
  7. 7位:大成建設株式会社・三信建設工業株式会社
  8. 8位:株式会社いなげや
  9. 9位:新潟市民病院

実際のランキングは12月くらいに発表されると思うので、情報が入り次第、こちらに記載しますね。

 

さて、ここで少し考えて欲しいのですが、これほど有名な大企業でさえブラック企業認定されてしまうのです。

ということは、ノミネートされていない中小企業などは、更に厳しい状況なのではないでしょうか。

 

実際に僕の周りの中小企業に勤めている人に話を聞いてみると、意外とブラックな現場は多いようです。

ブラック企業の特徴

ブラック企業の特徴は色々とあります。

 

  • 従業員募集という求人広告が1年中出ている。
  • 学歴不問、未経験者優遇、大至急従業員求む、などの言葉。
  • 新人の試用期間が半年以上(通常は3ヶ月ほど)
  • 面接日の当日に合格といわれる。
  • 過労死が多発。
  • 時間外労働が超過。
  • 残業代がまったく出ない。
  • 休日出勤も当たり前。
  • 陰口、悪口、セクハラ、パワハラが多い。
  • マタハラが過剰に多い。
  • 社員の離婚率が高い。
  • 労働雇用契約書を発行しない。
  • 社長や副社長や専務などの上層部が家族。

 

あまりにも項目がありすぎて全てを載せられませんが、要するに、鬱病や過労死になりやすい会社は危険だということです。

 

ただ、世の中にはブラック企業とまではいきませんが、ホワイトでもない、グレーな企業がたくさんあると思います。

僕はそれをなんちゃってブラック企業と勝手に呼んでいます。

今後、もっとなんちゃってブラック企業が増えてくると予想されます。
関連:ブラック企業が増えてくる日本で生き残る方法は?無業社会の未来

ブラック企業に転職したくない

『会社をリストラされた』
『職場が合わなくて辞めた』
『パワハラやセクハラで仕方なく辞めた』
『起業したいから辞めた』

などなど、会社を辞めるには色々と理由がありますが、辞めてから問題になってくることが次の職探しです。

前の職場がブラック企業だった場合、

『次の転職先の職場もブラックだったらどうしよう・・・』

という不安がよぎると思います。

そうなると、なかなか転職に踏み切れない人もでてきます。

誰でもブラック企業には入りたくないですからね。

 

正直、職を探している段階で余程念入りに企業を調べないと、完全にブラックかどうかなんて分かりません。

一年中社員を募集している企業は論外として、早く転職先を見つけないと、と焦っている人には冷静に見極めるのは難しいです。

実際、しっかりと見極めたつもりになっていても、入社したらブラック企業だった、なんて話も良くあります。

求人票には基本良い情報しか載せませんので。

つまり、結局はどこを選んでもリスクは少なからずあります。

 

入社して、ブラックだったから辞める!

そしてまた転職をしてブラック企業に入社する。

こうなってくると負の連鎖に陥ってしまい、辞め癖もついてしまいます。

『面倒だから辞めちゃえ! また次を探せばいいや』

もし、あなたがこのような考えになっているなら要注意です。

このようなマインドで転職を繰り返している人の末路は遅かれ早かれ悲惨なものになります。

挙げ句の果て、働く気力がなくなり無職になってしまう方もいるので気をつけましょう。
関連:30~40代がリストラされて生き残る方法は?ニートが稼げる理由

自分の人生はそれでいいのか?

毎日嫌な会社に行き、上司や後輩に怒られる日々。

ただ、漠然と何も考えず仕事をして、家に帰る。

自分は何の為に生きているのか、と自問自答しながら、ベッドに入り、眠る。

そして、次の日も、そのまた次の日も、今日と同じ事を繰り返していきます。

 

上記のような現状に、満足している人や変わりたくない人は、そのままの人生を歩めばいいですが、現状から抜け出したい人は、今すぐ行動をするべきです。

 

日本は仕事のために人生を捧げている人が多いです。

一般的には、汗水垂らして会社の為に働く事が美徳とされている傾向にあります。

確かにその会社が好きで好きでたまらなかったり、楽しくて仕方がないのなら会社のために働いても良いと思います。

しかし、

それで家族との時間が減ったり、身体を壊していては本末転倒です。

 

最初は家族の為に働いていたのに、気がついたらもっとお金を求めて、会社の為に働いている人。

家族にもうちょっと休んだら?と言われてもお前たちの為だろ!と怒鳴り、一人で苦しむ人。

 

仕事の為に生き続けると、上記の人のような人生を歩むことになります。

 

自分の人生は一度きりです。

 

人の寿命なんて約80年ほどしかありません。

ここで、

『80年も人生あるなら長いものだよ。ゆっくりいこうよ』

と思っている人は今すぐその考えを改めてください。

 

あなたが思っているほど80年は長くありません。

それほど時間というものはあっという間なのです。

 

苦痛に耐え続け定年まで会社で働き、少ない年金で老後を過ごす。

そして、死ぬ瞬間、自分の今までの人生を思いだしながら、もっと好きなことをすればよかった、と後悔しながら涙を流す。

 

こんな最悪の未来は嫌ですよね。

しかし、これは人ごとではありません。

もしかしたらあなたの未来もこうなる可能性があるのです。

 

せめて、もう少し働きやすい環境なら、状況は変わってくるのですが、この時代、会社に安定なんてものはありません。

さらに後数年で、社会での働き方が変わるといわれております。

会社は二極化し、高レベルな職種と低レベルの職種が分かれてくると予想もされています。

 

有名大企業が社員を大量にクビにする時代です。

突然クビになったら家族は路頭に迷い、辛い人生を永遠に歩み続けることになります。

辛い人生を回避するためにも会社の給料以外の収入源は確保しておいた方がいいです。

リスクの分散ですね。

実際に会社以外の収入源を持っている人は増えてきています。

 

あなたの同僚ももしかしたら、別の収入源をもっているかもしれません。

最近同僚の羽振りが良くなったら、その同僚に聞いてみてください。

副業をしている可能性は大です。

もしあなたも、会社以外の収入源を手に入れたいなら、副業を始めてみてはどうでしょうか。

結局どこの会社に入ってもリスクがあるなら、自分自身で稼げるようになった方が確実です。

会社が倒産したとしても、個人で稼ぐ能力を身に付けていれば、不安にさいなまれることもありません。
関連:ネットビジネス素人の会社員が副業で稼ぐには?独学は成果出ない?

 

海外では既に会社に縛られない生き方をしている人が多いです。

そして、日本でも好きな仕事をやって楽しみながら稼いでいる人が段々と増えてきています。

 

僕もその中の一人です。

会社に縛られずに生活しています。

僕自身、薄給会社員でしたが副業で給料以上を稼ぐことができ、その後独立し、会社員時代の息苦しさなども皆無になりました。

ただの会社員でもしっかりと作業をすればこのくらいなら稼ぐことができます。
ザキオの実績

 

僕のメルマガでは、副業で稼ぎたい人や、楽しい人生を送りたい人向けの内容をお話しています。

あなたも自分自身で稼ぐことにチャレンジしませんか?

もし、ネットで得られる収入源に興味があるなら、
ぜひ僕のメルマガを読んでみてくださいね。
>>公式メールマガジン

この記事を書いている人 - WRITER -
質問や相談など、分からないことがあれば気軽に送ってください。 24時間受付中です。 お問い合わせはコチラから
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 創造の万事屋 , 2017 All Rights Reserved.