右クリックメニュー画像をキャプチャできる万能ソフトSnippingToolとは


この記事は約 4 分で読めます。

画像キャプチャーソフトの使い方

右クリックメニューをフリーの画像キャプチャソフトで取ろうとすると
メニューが消えてしまい、やきもきすることがあると思います。

今回はWindows vistaから表示装備されているキャプチャ万能ソフト、
SnippingTool(スニッピングツール)の使い方について解説します。

画像キャプチャソフトはSnipping Toolがあれば十分です。

画像キャプチャーする動画

550

Snipping Toolの使い方

Windows vistaとWindows7

Windows vistaやWindows7は『スタートメニュー』⇒『アクセサリ』
の中にSnipping Toolが入っています。

3232

Windows8と8.1

Windows8の場合は、スタート画面で右クリックをし、
画面下部の『全てのアプリ』から選択してください。

win8

Windows8.1はスタート画面の画面下部にある下矢印マークをクリックします。

255

右クリックメニューや消えるメニューのキャプチャ

右クリックメニューやマウスを動かすと消えてしまうメニューも
Snipping Toolなら簡単にキャプチャできます。

まずSnipping Toolを起動します。

もし、この時点でキャプチャ範囲選択が始まっていたら
一端キャンセルボタンを押してください。

Snipping Toolが下記のように待機状態なのを確認してください。

WS000000

 

Snipping Toolが大樹状態なのを確認したら、
あとは右クリックメニューなどを表示させ、
『Ctrl+PrintScreen』を押します。

すると、右クリックメニューが出た状態で
キャプチャができるので、後は切り取りたい範囲を選択するだけです。

下記のように綺麗にキャプチャできます。

333

切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する

画像をサイトなどで使いたい場合、
画像編集ソフトなどで枠を付けると思います。

ただ、キャプチャして、その画像を加工して、
という流れはけっこう面倒くさいですよね。

実はSnipping Toolはキャプチャした画像に
キャプチャしたと同時に枠を付ける事ができます。

設定方法は簡単で、『オプション』を選択して、
『切り取り領域をキャプチャした後、選択線を表示する』に
チェックを入れてください。

その際に枠の色はその上の『インクの色』で設定できます。

この設定をしておくだけで、簡単に画像に枠を入れられるので、
かなり作業の効率化ができます。

ちなみにサイトのページ全体をキャプチャしたい場合は、
こちらのツールがオススメです。
関連:縦に長いセールスレターサイトのページを全部キャプチャする方法

iPhoneの画面もキャプチャしたい場合?

iPhoneなどで画面をキャプチャする場合は、
電源ボタン+ホームボタンでスクリーンショットが撮れます。

ただ、そのスクリーンショットをパソコンで使うには、
一度パソコン側に画像を送らなければなりません。

僕もいちいちパソコンに送るのが面倒で
色々と調べると、簡単にiPhoneの画面をキャプチャする方法が見つかりました。

その方法はReflectorというツールを使います。

下記記事で詳しい使い方をお話していますので、
よかったら見てみてください。
参考:ReflectorでPC上にiPhone画面を表示しゲームアプリを録画する方法

Reflectorは録画もできるので、アプリゲーム実況にも使えます。

Reflectorを使ってゲームアプリ動画を作って
YouTubeにアップロードすれば、ユーチューバーにもなれます。
関連:YouTubeとアドセンスを関連付けて収入とアクセスを増やす手順

ぜひReflectorを使って
ユーチューバーデビューしてみてはいかがでしょうか?





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す