コピーライティングで見込み客リサーチが最も重要な理由


この記事は約 3 分で読めます。

コピーライティングにおけるリサーチの重要性

コピーライティングにおいてリサーチをするかしないかで
反応が大きく変わってきます。

コピーライティングのスキルを上げても
リサーチを全くしていなかったら意味がないからです。

今回は、見込み客リサーチが重要な理由を解説します。

コピーライティングにおけるリサーチの重要性動画

550

コピーはリサーチが重要

コピーライティングで最も重要なことはリサーチです。

セールスレターの成約率はリサーチで決まると言っても過言ではありません。

リサーチすればセールスレターの反応がかなり上がります。

 

これは普段記事を書く時も同じで、リサーチをすれば見込み客の気持ちが分かるし、
言葉もどんどん思いつくので、スムーズに文章を書くことができます。
関連:アドセンスブログでライバルサイトを調べる際に注意する3つのポイント

僕もリサーチを特に重視していて、セールスレターやメルマガや記事を書けない人は、
圧倒的にリサーチが足りないので、リサーチに力を入れてください。

リサーチさえしっかりすれば、無限に文章は書けます。
関連:コピーライティング読本!言葉の力で世界を再構築する方法

見込み客を探す(顧客の心理状況)

まずは見込み客を探します。

お客さんには4つの心理状況があります。

無知の人(最も難しい層)
客観的に見て問題に気付いていない

無関心の人(難しい層)
問題を理解しているが解決しようとは思わない

考え中の人(コピーの対象)
問題を理解しており、解決したいと思っている

困っている人(ラッキー層)
問題を理解しており、今すぐ解決したいと思っている

上記の心理状況で『考え中の人』がコピーライティングの主な対象になります。

『無知の人』は攻略しようとは思わないでください。

時間を掛けるだけ無駄なので。

『無関心の人』はコピーライティングのスキルによっては攻略できますが、
できるなら避けた方がいいです。

つまり見込み客は『考え中の人』と『困っている人』になります。

『困っている人』に出会ったらラッキーだと思ってください。

見込み客をリサーチ

見込み客を見つけたら、次は徹底的に見込み客をリサーチします。

リサーチする部分は下記になります。

  • 見込み客の理解:どういった言葉に反応するか
  • 見込み客の言葉:普段使っている言葉
  • 見込み客の欲求:稼ぎたいのか認められたいのか
  • 見込み客の悩み:不安や悩みを把握
  • 見込み客になる:自分が見込み客の気持ちになる

リサーチの際に見込み客の普通とあなたの主観を合わせていくと、
より見込み客の心情が理解できるので、反応が良い文章を書くことができます。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す