WordPress Related Postsで関連記事表示と項目設定の日本語意味


この記事は約 4 分で読めます。

kannrenkiji

どうもザキオです。

今回は関連記事を綺麗に表示させるプラグイン、
WordPress Related Postsの英語項目の意味
設定方法について解説します。

一般的に関連記事を表示させる場合、
『YARPP』などが良く使われます。

しかしデザインや機能性を考えると、
Related Postsは群を抜いてすごいのでオススメです。

WordPress Related Postsの設定

まずプラグイン⇒新規追加⇒『WordPress Related Posts』を検索で、
インストールしたら有効化をしてください。

『設定』から『WordPress Related Posts』を選んでクリックしてください。

 

大まかな項目が4つあるので一つ一つ解説していきます。

『この記事で説明しているような項目がない!』

という場合は、右側に矢印があるので
それをクリックすれば、細かい項目が出てきます。

 

Statisticsの項目

011

Statisticsは関連記事のクリック率、PV数、クリック数を表示してくれます。

アドセンスブログやトレンドサイトは
ほとんどスマホからの閲覧になります。

 

Basic Settingsの項目

022

Related Posts Titleは関連記事を表示させる際のタイトルを設定できます。

タイトルは何でもいいですが、日本語で分かりやすい表現のものがいいですね。

 

Number of Postsは表示させる関連記事の数です。

あなたのサイトに合った数を表示させましょう。

個人的には6~12くらいがいいですね。

 

Advanced settingsの項目

033

Layoutは関連記事表示のデザインを設定できます。

様々な種類があるのでお好みのものを選んでください。

 

個人的には、Vertical (Medium)とTwo Columnsが好きです。

ただ、Two ColumnsはGoogleChromeで見ると表示が崩れたり、
クラッシュするという報告もあるので、自己責任でお願いします。

0144

Customeizeでデザインをより細かく設定できます。

 

上から順に、

  • サムネイルの表示
  • コメント数の表示
  • 投稿日の表示
  • 本文抜粋の表示(文字数)

になります。

 

Enable custom CSSは自分でCSSを設定したい人向けの機能です。

 

Default thumbnailsはアイキャッチを設定していない場合に、
表示させる画像を設定できます。

 

Other settingsの項目

0155

Exclude these Categoriesは項目にチェックを入れることによって
選んだカテゴリが関連記事から除外されます。

 

最後に4つの項目ですが、

  • 自動で関連記事を表示する
  • RSSフィードに表示
  • 統計情報の処理をする
  • ロゴを表示する

基本的にデフォルトのままで良いです。

 

全ての設定が終わったら、
『Save Changes』をクリックして完了です。

 

ちなみに関連記事を任意の場所に表示させたい場合は、
一番上の項目のチェックは外してください。

チェックを外したら『外観』⇒『テーマ編集』⇒『単一記事の投稿』で
表示させたい場所に下記コードを貼ってください。

<?php wp_related_posts()?>

記事下に貼るのが一番いいと思いますが、
アドセンスブログの場合は、アドセンス広告の下に貼るのがオススメです。

 

他のオススメプラグインは下記をご覧ください。

アドセンスブログにオススメのプラグイン集はこちら。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す