WordPressパーマリンクの初期設定でURLを最適化する方法


この記事は約 4 分で読めます。

pamarinku

どうも、ザキオです。

今回はパーマリンクの初期設定で
URLを最適化する方法を解説します。

また、何故途中でパーマリンクを
変更しない方がいいのかもお話します。

パーマリンクとは

そもそもパーマリンクとは何か?

 

僕のサイトでいうと、

http://zakio01.com/permalink-305

 

上記の黄色い枠の部分になります。

 

簡単にいえば、記事を区別するための専用のURLみたいなものです。

パーマリンクの初期設定

1.「設定」⇒「パーマリンク設定」⇒「カスタム構造」をクリックして下さい。
WS000000

 

パーマリンク設定はカスタム構造が一番オススメです。

 

何故かというと、SEO的に一番効果が高いからです。

SEOを重視したい方向けです。

 

上記赤枠③の部分に「/%postname%-%post_id%」か
/%category%/%postname%/」のどちらかを入力して下さい。

 

入力が終わったら変更を保存します。

パーマリンクの最適化

こちらの赤枠内は既に最適化してありますが、
何もしないと実際に投稿したときに大変なことになります。

「%E6%A1%90%E8%B0%B7%E7%BE・・・」という意味不明なURLになるからです。

WS000000

しかもやたらURLが長くなるので、ぱっと見かなり怪しく見えてしまいます。

そうなるとツイッターやFacebookなどで紹介してもらいにくくなったり、
他のサイトからもリンクがもらいづらくなってしまいます。

SNSなどに書き込むと、スパム扱いを受ける可能性もあるので注意です。

 

こうなることを防ぐため、記事を書くごとにパーマリンクを最適化しないといけません。

 

僕のサイトは「/%postname%-%post_id%」にしたため、
上記赤枠は「permalink」と入力しました。

 

「記事を書くたびに設定するのはめんどうだ!」

 

という方は「数字ベース」にするのがいいでしょう。

数字ベースはめんどくさがりな人や初心者にお勧めです。

パーマリンクを変えたくなったら?

パーマリンクの設定をし忘れて、記事をどんどん投稿した人もいると思います。

この記事を読んで、

 

「パーマリンクをカスタム構造にしたら、SEO的に良くなるから今すぐ変えよう!」

 

と思ったら、ちょっと待って下さい。

既に多くの投稿をしていたらパーマリンク設定を変えてはいけません。

 

例えば、最初に数字ベースにしたのなら、
ずっと変えずに数字ベースのままにしておいて下さい。

何故かというと、URLが異なるのでうまく表示されなかったり、
内部リンクがなくなったりします。

 

他のサイトから被リンクをもらっていた場合も、
リンクが外れている可能性があります。

 

絶対に途中から変更するのはやめましょう。

次はプラグインをインストールしていきます。

アドセンスブログアフィリに必要なプラグインはこちら。

アドセンスブログのサイト構築については下記参照。

アドセンスブログを0から構築する方法はこちら。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

4件のコメント

  • あいざわ

    ワードプレスを導入していますが、グローバルナビゲーションのリンクが消えて困っていました。何度やり直してもできなかったのが、たまたまザキオさんのブログを拝見し、パーマリンクを変えてはいけないでピンときました。カスタムに変えたり数字に変えたりまた戻したりしていたんです。最初の数字に戻し、記事をコピーしてリンクをやりなおしたところリンクがつながりました!ありがとうございました。

    • zakio

      あいざわさんコメントありがとうございます。

      無事に解決したようでよかったです。

  • ここ

    パーマリンクの最適化の欄について質問です!
    記事ごとに設定を変更をするとのことですが、赤枠内に入れるのは適当であったり、毎回別でも良いですか?

    • zakio

      適当ではなくSEOを意識します。

      記事作成画面で変えるなら毎回別でもいいです。

コメントを残す