All in One SEO PackでOGP設定しSNSからのアクセス数を増やす方法


この記事は約 8 分で読めます。

SNS

今の時代、アクセスを集めるにはSEOよりも
SNS(を使ったバイラルマーケティングが流行りつつあります。

今回はFacebookやtwitterなどのSNSで
爆発的に拡散をサポートする方法を解説します。

そのためにはOGP設定が必要になってきます。

OGPの設定ができていれば、
Facebookやtwitterの文字や画像が指定できるので、
よりアクセスを集めることが出来ます。

All in One SEO PackでOGP設定が簡単にできるので、
その手順を紹介します。

下記クリックで好きな項目に移動

そもそもOGPとは?

OGPはOpen Graph Protocolの略称です。

OGPを設定しておけば、SNSで拡散する際に、
Facebookのいいねやシェア、twitterのリツイートなどに
表示される画像や文章を設定することができます。

 

簡単にいえば、Facebookやtwitterなどで
拡散される際の仕様のようなものです。

 

普通に拡散すると無味乾燥な表示になりますが、
OGPを設定しておけば、興味を引くようなものに変えることができます。

SNSの拡散はうまくいけば、自分のサイトに大量のアクセスを呼ぶことが出来るので、
ぜひ設定をしておきましょう。

 

SNS拡散と相性のいいビジネスは、
Googleアドセンスブログアフィリエイトです。

All in One SEO PackのSocial Meta設定

では早速、Social Metaの設定方法と、各項目の意味を解説していきます。

1.僕は既に設定を完了しているので、『Social Meta』の項目が追加されていますが、
初めての方はまだ追加されていないので、『Feature Manager』をクリックしてください。
キャプチャ0

 

2.すると色々とあるアイコンの中に白黒の『Social Meta』があるので
下記赤字のように『Activate』をクリックします。
キャプチ1ャ

 

3.『Social Meta』がカラーになったら成功です。
次に、All in One SEO Packの項目のSocial Metaをクリックします。
キャプチ3ャ

 

4.ここではGeneral Settingsを設定します。
キャプチ4ャ
『Disable Jetpack Tags』はJetpackというプラグインを使っている場合にチェックします。

僕はJetpackを使っているので、チェックを入れました。

『Autogenerate OG Descriptions』は下記の画像の赤枠のように、
記事の説明文を自動で入れてくれます。
キャプsssチャ

ちなみに上記の記事投稿はOGPを設定する前の投稿です。

設定しないと画像も出ないので、必ず画像設定はしてください。

 

5.次にHome Page Settingsについてです。
キャプチ5ャ
『Use AIOSEO Title and Description』はチェックをすると、
All in One SEO Packで設定をしたメタタグが使用されます。

ちなみにここにチェックを入れると『Home Title』と
『Home Description』は閉じられてしまいます。

この上記二つの項目はAll in One SEO Packで設定をした
titleとDescription以外にしたい場合に設定します。

『Site Name』は自分のサイトのタイトルを入れてください。

『Home Image』はトップページがいいねやシェアされたときに
表示される画像を設定できます。
(画像サイズは最小で横600px×縦315pxに設定してください)

画像を大きく表示させたい場合は、
横1200px×縦630pxがオススメです。

 

6.次はImage Settingsについての解説です。
キャプチ6ャ
『Select OG:Image Source』は記事がシェアされたときに
どんな画像を使用するかを選択できます。

  • Default Image・・・下記項目のDefault OG:Imageに設定した画像を表示する。
  • アイキャッチ画像・・・記事投稿時のアイキャッチ画像を表示する。
  • First Attached Image・・・記事の一番上に使用した画像を表示する。
  • First Image in Content・・・記事の中で最初に検出された画像を表示する。
  • Image From Custom Field・・・カスタムフィールドの指定画像を表示する。
  • First Available Image・・・自動的に画像表示を選択する。

 

この中でオススメはアイキャッチ画像かFirst Attached Imageですね。

『Use Default If No Image Found』にチェックを入れると
Select OG:Image Sourceで設定した画像が見つからなかった場合に
別の画像を表示させることができます。

『Default OG:Image』は上記のUse Default If No Image Foundに
チェックを入れた際に表示させる画像を選択します。

『Use Custom Field for Image』はカスタムフィールド名を入力すれば
その画像を表示させることができます。

 

7.Facebook Settingsについての設定です。
キャプチ7ャ

『Profile Admins ID』はFacebookの自分のIDを入力してください。

IDを調べる方法は、https://graph.facebook.com/*****の
『*****』部分に自分のFacebookのユーザー名を入力します。

Facebookのユーザー名はFacebookのページで、
自分のフィードを見ればURLに表示されています。

上記のURLを入力したら下記のようなページにいきます。

赤枠の部分がIDになるので、これをコピーして貼り付けてください。キャプsチャ

あとは基本的にデフォルトの設定で大丈夫です。

『Facebook Object Type』は自分のサイトのタイプです。

『Enable Facebook Meta for』はOGPのメタデータを吐き出す記事の種類を選べます。

『Show Facebook Publisher on Articles』はFacebookのURLを入れておけば、
自分のFacebookページに記事をリンクさせることができます。

『Show Facebook Author on Articles』は記事投稿者の名前を表示させます。

『投稿 Object Type(post)』と『固定ページ Object Type(page)』は
デフォルトのArticleのままで大丈夫です。

 

8.Twitter Settingsではtwitter投稿時の設定をできます。
キャプチャ9

『Default Twitter Card』はツイートしたときの表示方法を設定できます。

  • Summary・・・サムネイル画像とタイトル、説明文が表示されます。
  • Summary Large Image・・・画像がかなり大きく表示されます。後はSummaryと同じ表示。
  • Photo・・・大きな画像のみが表示されます。

 

 

『Twitter Site』はユーザー名をサイトの管理者として表示させるものです。
Twitterのユーザー名(例:@zakio753)を入れると、表示されます。

『Show Twitter Author』はTwitter Card上のコンテンツを作成者として
ユーザー名で区別できるようにします。

『Twitter Domain』は自分のTwitterページの
http://twitter.com/*****の『*****』を入力すると
Twitter Card上に名前が表示されます。

『Twitter Site』と『Twitter Domain』は入力しなくても問題ありません。

 

9.最後はScan Social Metaについてです。
キャプチャ10

Scan Social MetaはOGPなどが重複されていないか、
確認するためのものです。

『Scan Now』をクリックすると調べてくれます。

ワードプレスプラグインのOpen Graph Proをインストールしていると、
重複することになるので、入れていたら停止させるか削除してください。

 

10.下記のように『No duplicate meta tags found』と表示されれば、
重複がないので、問題はありません。
キャプチ11ャ

すべて入力が完了したら、『設定を更新』をクリックして終了です。

 

他のプラグインについてはこちらをご覧ください。
参考:アドセンスブログアフィリエイトにオススメ!24個の必須プラグイン





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

1件のトラックバック

コメントを残す