メールマガジンの開封率を2倍にして読んでもらう方法


この記事は約 3 分で読めます。

メルマガを読んでもらう対策方法

メルマガをやり始めた人の悩みで開封率が悪いというものがあります。

メルマガの中身はものすごく濃く書いているのに何故か開封されない。

いくら濃厚なメルマガを書いたとしても読まれなければ意味がないのです。

今回は、メールマガジンの開封率を2倍にする方法について解説します。

メルマガを読んでもらう対策動画

550

4つのNOTの1つ

コピーライティングには4つのNOTというものがあります。
参考:コピーライティングで稼ぐためには4つの壁を破壊する必要がある?

その中の最初の難関、NOT OPEN(開かない・気付かない)を突破しないと
メルマガは読んでもらえません。

メルマガはどんなに濃い内容を書いたとしても、
どんなに有力な情報を書いたとしても、読まれなければ無意味に終わります。

読者は、送った小説を必ず読んでくれる編集者ではありません。

いかに読者にしっかりとメルマガを開いて読んでもらえるか、
試行錯誤する必要があるのです。

メルマガを読んでもらうには

メルマガを開いて読んでもらうには下記3つの対策を行えば大丈夫です。

  • 不達・迷惑メール対策
  • ブランディングを高める
  • メルマガタイトルを工夫する

次の項目で上記の内容を一つひとつ解説していきます。

不達・迷惑メール対策

必ず有料メルマガ配信スタンドを使ってください。
関連:メルマガアフィリエイトの基礎とDRMを利用して稼ぐための仕組み

また、迷惑メールにいかないように対策をしたり、
独自ドメインのメールアドレスを使うようにしてください。
参考:Gmailで独自ドメインメールアドレスを送受信できる簡単設定方法?

ブランディングを高める

ブランディングを高めるには機能的価値と感情的価値を高めて、
独自の世界観を作って面白いと思ってもらう必要があります。
参考:ブランディングであなただけの濃いファンを作る方法

やはり、役に立つ情報(機能的価値)を届けたり、
エンタメ性や親近感(感情的価値)を出せばブランディングは自然と高まります。

メルマガタイトルを工夫する

メルマガのタイトルは非常に重要です。

タイトルによって開封率が大きく変わってきます。

  • 好奇心を刺激する
  • ユーモアがある
  • ネガティブワード
  • 映画やアニメや小説や漫画を引用する
  • インパクトを与える
  • 反社会的な言葉を使う
  • 正反対の言葉を組み合わせる
  • 短めにする(10文字以内)
  • 疑問形にする
  • 話題性やトレンドを意識する

基本的に上記の内容をメルマガタイトルに何個か盛り込んでいけば、
かなり開封率の高いメルマガタイトルを作ることができます。

 

メルマガで稼いでいる人たちにとって開封率とは、稼ぎに直結するくらい大事な要素です。

あなたもメルマガの開封率が悪い場合は、今回の記事を参考にしてくださいね。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す