リンク切れエラーが分かるBroken Link CheckerでSEO対策するには


この記事は約 3 分で読めます。

link

Broken Link Checkerは外部リンクの
リンク切れエラーをすぐにメールで知らせてくれます。

例えば、『○○のブログはこちら』という感じに
外部リンクを設定していたとき、
リンク先の記事が削除されていたら知らせてくれます。

リンク切れエラーはほったらかし?

リンク切れになったらほったらかしでいいのか?

答えはNO!です。

 

エラーのままにしておいても、
すぐに何かなるわけではないですが、
長期的に考えるとやはりよくないです。

例えば、あなたのサイトに『○○の芸能人の元カレ画像』を見たくて、
訪問してきた人がいたとします。

あなたはしっかりと記事を書き、訪問者の知りたいことも全て書いていました。

しかし、画像が載っているページが消えていることに気がついていませんでした。

そうなるとどのようなことが起こるのか。

こんなに分かりやすくて面白い記事を書いていて、
この人はすごい!と思いながら読んでいた矢先、
リンク先の記事を押したらエラー・・・。

こんな状態が続けばあなたのサイトのファンは
どんどん少なくなっていく可能性があります。

見たいと思ってクリックした先にエラーページがあったら、
僕だったらそんなサイトにはもう来ないでしょう。

 

また、SEO的観点から見てもリンク切れは悪影響があります。

アドセンスブログなら、Googleから良くない評価を受けて、
順位が下がるかもしれません。

ユーザー視点とGoogle視点で考えても、
リンク切れを放っておくのはデメリットしかありません。

上記のようなことにならないためにも
Broken Link Checkerの導入をお勧めします。

Broken Link Checkerの使い方

まずいつも通り、プラグイン⇒新規追加⇒
Broken Link Checkerを検索、インストール、有効化します。

 

すると下記のようにツール欄に『リンクエラーをチェック』
という項目が追加されます。

rr2

エラーがあった場合はこちらから修正します。

 

また、リンク切れが見つかったら、
メールにて連絡があります。

下記のようなメールが来ます。
rr1

メール本文のURLからもエラーの修正画面に行けます。

 

リンク切れのエラーはリンクを外す、
再度リンクを設定、文章自体を消す
上記のどれかを行えば大丈夫です。

 

訪問者にとってより見やすく、
わかりやすいサイトになるように、
リンク切れはすぐに修正してください。

 

他のオススメプラグインは下記をご覧ください。

アドセンスブログにオススメのプラグイン集はこちら。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す