反応の取れるキャッチコピーは言葉の力が決め手?強い言葉を使う


この記事は約 3 分で読めます。

反応の取れるキャッチコピーは言葉の質で決まる

反応の取れるキャッチコピーと反応が取れないキャッチコピーの差は
言葉の力が原因です。

言葉には弱い言葉と強い言葉があります。

今回は、反応の取れるキャッチコピーにおける
言葉の力について解説をしていきます。

反応の取れるキャッチコピー動画

550

言葉の質とは

キャッチコピーは言葉の質で変わってきます。

言葉の質には弱い言葉と強い言葉があります。

ちなみに強烈なキャッチコピーの作り方はこちらの記事をご覧ください。
参考:お客さんがよく反応してくれる強烈なキャッチコピーの作り方

では、弱い言葉と強い言葉について次の項目で解説していきます。

弱い言葉

弱い言葉は、伝達力が弱くありきたりな表現の言葉です。

ありきたりなので、どこかで聞いたことがあるような言葉に思えて、
本当の意味で商品の魅力が伝わりません。

むしろお客さんの反応も悪いので、
弱い言葉ばかりのセールスレターの成約率はかなり悪いです。

強い言葉

強い言葉とは、イメージがしやすくインパクトがある言葉のことです。

また、お客さんが聞いたときに響きが良く、
人の感情を動かすエネルギーを持った言葉のことです。

強い言葉を巧みに使えるようになれば、コピーライティングスキルを
飛躍的に上げることができます。
関連:コピーライティング読本!言葉の力で世界を再構築する方法

強い言葉と弱い言葉の例

キャッチコピーにおける弱い言葉と強い言葉の例を出してみました。

言葉2

実際はもっとたくさんあります。

強い言葉は自分には思いつけないんじゃないか、と思う人もいるとは思うんですが、
キャッチコピーの言葉は思いつくものじゃなくて、組み合わせるものです。

料理のレシピと同じで、しっかりとプロのレシピ通りに作れば、
プロ並のキャッチコピーを作ることができます。

 

そのためには多くのことをインプットしたりアウトプットします。

インプットとアウトプットが難しくてできない人には、
ブレインダンプをオススメします。
関連:ブレインダンプでやるべきことを明確化して実力を付ける方法

ブレインダンプをすれば頭の中身がクリアになるので、
様々なキャッチコピーが頭の中で生まれてきますよ。

 

ちなみに良いキャッチコピーを作れない人のために、
すぐ使えるキャッチコピーキーワードまとめを書きました。
参考:即戦力!今すぐ使える7ジャンルのキャッチコピーキーワードまとめ

普段から電車やお店や街頭の広告やポスターを見ることで
自分の中の引き出しが増えていくので、意識すると面白いですよ。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す