Gmailで独自ドメインメールアドレスを送受信できる簡単設定方法?


この記事は約 4 分で読めます。

Gmail
独自ドメインのメールアドレスを持っているけど、
管理がめんどくさいし、よく使うGmailで管理したい!

そんなあなたのために、Gmailを使って独自ドメインの
メールアドレスを送受信できる設定方法を調べました。

 

ちなみにこの記事の内容は、
Xサーバー前提で話しています。

Xサーバーの設定などをまだやっていない方は、
こちらの記事を参考にして下さい。

Xサーバーの登録方法

まだGmailのアカウントを登録していない方は、
下記の記事を参考に登録してください。

Gmailアカウント登録方法はこちら。

 

Gmailで独自ドメインアドレスとして送受信する方法

では本題に入ります。

1.Gmailの右上の歯車マークをクリックする。
項目の中の「設定」を選択。

1

 

 

2.設定画面のアカウントを選択し、
「自分のPOP3メールアカウントを追加」をクリックする。

WS000000

 

 

3.すると「別のメールアカウントを追加」と表示されるので、
独自ドメインのアドレスを入力する。

WS000001

 

 

4.自分がサーバーと契約したときの「ユーザ名(アカウント名)」、
「パスワード」、「POPサーバ」を入力します。

WS000002

 

それ以外は何もかまわずに「アカウントを追加」をクリック。

四つのチェックボックスの設定項目は、
後ほど変更ができるので大丈夫です。

 

 

5.次に「メールアカウントを追加しました」と表示されるので、
「はい」を選んで「次のステップ」をクリックします。

05

 

 

6.「名前」の項目になんでも良いので入力します。
僕はザキオにしました。

また、「エイリアスとして扱います。」のチェックは外して下さい。

WS000004

 

 

7.「SMTPサーバー経由で~」を選択し、
「SMTPサーバー」、「ユーザー名(メールアドレス)」、「パスワード」を入力する。

WS000000

 

以上で独自ドメインアドレスの設定は終わりです。

 

 

アドレスのデフォルト化

1.次に、設定したアドレスのデフォルト化について説明します。

これを設定しないと、アドレスはまだ@gmail.comのままです。

WS000006

 

ついでに「デフォルトの返信モードを選択」の
「メールを受信したアドレスから返信する」を選択します。

 

2.その後、確認用のメールを送るため、
「確認メールの送信」をクリックします。

WS000007

 

3.追加したアドレス宛に、確認用メールがくるので、
メール内のリンクをクリックするか、メール内の確認コードを入力し「確認」をクリック。

WS000008

 

以上で受信方法の設定は終わりです。

Gmail経由で送信

独自ドメインアドレスのメールを
Gmail経由で送信する設定も手順は同じです。

 

下記のメールアドレス追加を選択します。

WS00011000

 

あとは受信の設定方法と
全く同じ要領なのでぜひ実践してみて下さい。

Gmailは他にも便利な機能が多いのでオススメです。

Gmailのメールアドレス振り分けはこちら。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す