GDTの法則で感情を刺激してコピーの反応を上げる方法


この記事は約 4 分で読めます。

感情を大きく動かす方法『GDTの法則』

コピーライティングにおいてGDTの法則を知っていると、
ピンポイントで感情を刺激することができるので、オススメです。

あなたも今回の記事を見て、反応が上がるコピーを書いてみてください。

感情を大きく動かすGDTの法則動画

550

GDTの法則とは

GDTの法則とはお客さんの感情を大きく動かすテクニックです。

  • Goals:目標(3つ)
  • Desires:願望(3つ)
  • Teasers:本性(3つ)

人間の欲望は上記のように合計9つあります。

G(目標)

まずは3つの目標です。

  • 時間:時間をかけたくない
  • お金:お金がたくさん欲しい
  • 努力:努力したくない

基本的に人は一つのことに時間をかけたくないし、お金もたくさん欲しい、
更には1ミリたりとも努力をしたくないのです。

つまり上記3つの目標を刺激するような言葉を使うことで
反応が良いセールスレターを書くことができます。

D(願望)

次は3つの願望です。

何か行動するときの動機のことです。

  • 貪欲:富、名声、名誉が欲しい
  • 色欲:モテたい、綺麗になりたい、性欲
  • 快適:悩みや苦痛から逃れたい

上記3つの願望は誰しも持っています。

 

誰もが富を得て名声を欲し、周りからちやほやされて欲望に身を任せ、
苦痛が存在しない世界を望んでいます。

つまり、貪欲、色欲、快適を刺激するコピーを書くことで、
より興味を持ってもらえるので、反応もかなり高くなります。

T(本性)

最後が本性です。

  • 興味:もっと知りたい、好奇心
  • 物議:反社会性、常識を覆す
  • 希少:レア、限定のもの

興味はもっと知りたいという欲や好奇心のことです。

次の展開を知りたくてたまらない状態にします。

 

物議は反社会性の言葉や常識を覆すようなものです。

例えば、『ハワイに旅行しているだけでPCが勝手に3万円を稼ぐ』というコピーは、
『お金は自ら働かなければ稼げない、旅行では稼げない』という常識を覆しています。
関連:ハワイに行っている間も稼ぎ続けるシステムとは?

 

希少ですが、人は限定品やレアなものに弱いです。

バーゲンなどでも特に欲しくなかったのに、『数量限定残り3つ』と
目の前で言われたらついつい買ってしまいます。

上記3つの本性を刺激すれば、かなり高い反応を得られます。

GDTのレベル

GDTの法則には、効果の強さレベルがあります。

  • G(時間・お金・努力):弱レベル
  • D(貪欲・色欲・快適):中レベル
  • T(興味・物議・希少):強レベル

 

上記のようにGの効果が一番低く、次がDで、一番効果が強いのがTになります。

Tが一番感情を刺激することができます。

 

基本的にセールスレターやコピーを書くときは、GDT全てを入れた方が
反応は高くなります。

しかし、無理に全部入れることによって伝えたいことがバラけたり、
不自然になるようなら、入れない方が無難です。
関連:3つのONEでお客さんを導いてセールスレターの反応率を上げる方法

あくまで読みやすく、違和感のないような文章にしてください。

不自然にならないならGDTをどんどん入れても構いません。

使えるものは使って、不自然になる部分は使わないということを意識して、
セールスレターやメルマガを書いてみてくださいね。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す