Adobeフォトショップやプレミアプロを無料ダウンロードして使う方法


この記事は約 4 分で読めます。

adobe製品

ほとんどのクリエイターが使っているAdobe製品ですが、昔はかなり高価で
一般の人はなかなか手を出せませんでした。

しかし、今は月額数千円で高価なソフトの数々をレンタルすることができます。

といっても、月額数千円払うのもきついという人もいるので
今回は、Photoshop(フォトショップ)やPremierePro(プレミアプロ)、
AfterEffect(アフターエフェクト)などを無料で使う方法について解説します。

何故フォトショップなどが無料なのか?

Adobe製品CS2のライセンス認証サーバーが無効になったので、
正規で製品を買った人用に無料開放したのです。

あくまで正規にCS2を購入した人だけが対象ということになっているので、
その点だけは自己責任でお願いします。

無料ダウンロードできる製品

無料でダウンロードできる製品は下記です。

  • Creative Suite 2(クリエイティブ製品詰め合わせ)
  • Acrobat 3D 1.0 for Windows(3D PDFの作成・閲覧)
  • Acrobat Standard 7.0(PDFの作成・閲覧)
  • Acrobat Pro 7.0(PDFの作成・閲覧)
  • After Effects(映像エフェクト+動画編集)
  • Audition 3.0(音声編集)
  • GoLive CS2(ウェブページ作成)
  • Illustrator CS2(画像編集+パス作成)
  • InCopy CS2(同時文書作成)
  • InDesign CS2(ページレイアウト作成)
  • Photoshop CS2(画像編集)
  • Adobe Premiere Pro 2.0(動画編集)

ちなみにCreative Suiteというのはウェブデザインやグラフィックデザイン、
動画編集などをするために必要なソフトが詰め込まれています。

 

Creative Suite2の中身は下記です。

  • InDesign CS2
  • Photoshop CS2
  • ImageReady CS(グラフィック編集)
  • Illustrator CS2
  • GoLive CS2(Premiumのみ)
  • Dreamweaver 8 CS 2.3(Premiumのみ、HP作成)
  • Acrobat 7 Professional(Premiumのみ)
  • Acrobat 8 Professional CS 2.3(Premiumのみ)
  • Bridge(ファイルの管理・閲覧)
  • Version Cue(グループのファイル管理)
  • Stock Photos(画像のデータベース)

ちなみに、普通にネットビジネスで使うだけなら、
Photoshop、Illustrator、Premiere Proだけで十分です。

正直、Creative Suiteはダウンロードしなくても大丈夫です。

Adobe製品無料ダウンロードの手順

まずは、Adobe公式サイトに行きます。

 

1.AdobeのIDを持っている人はそのままログインをしてください。

初めての人は『Adobe IDを取得』を選択してアカウント登録をしてください。
a1

 

2.下記赤枠の『同意する』にチェックを入れてください。
a2

 

3.日本語を選んでください。
a3

 

4.Creative Suiteが欲しい人は下記からダウンロードします。
a4

 

5.AfterEffectやPhotoshopが欲しい人は下記からダウンロードします。
a5

 

ダウンロードしたらファイルの横にあるシリアル番号が必要になるので、
メモをしておいてください。

ちなみに冒頭でも言いましたが、あくまで正規にCS2を購入した人だけが
対象ということを忘れないでください。





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す