OZペナルティ防護施設

61

ここでは、手動ペナルティの確率を下げる方法を解説しています。

まずGoogleの手動ペナルティ対策に絶対的な解はありません。今回の対策も必ずペナルティを防ぐものではないですが、少なからず何もしないよりは遙かにマシです。

見る側の視点でブログを運営する

この世の絶対的な法則に『価値を与えれば同等、またはそれ以上の価値を得られる』という法則があります。

これはアドセンスブログにも当てはまります。僕らがアドセンス広告で報酬を得られるのは、ブログを見てくれている読者の存在があるからです。だからこそ、読者の存在を疎かにしてはいけません。

ブログを作る際も、見る側の視点で作らなければアクセスは来ないし、ペナルティは受けるし、最悪なことになります。

必ず、読者のためになる記事を書き、見る側の視点を意識することです。そして、しっかりと価値のある情報を伝えられるようなブログを作っていきましょう。

思いやりが重要になってきます。

中身のない記事は書かない

アドセンスブログアフィリエイトはアクセスをとにかく集める手法ですが、アクセスを集めるためだけの記事を書いてはいけません。

例えば記事タイトルが、

『ローラの熱愛彼氏は有田哲平?カップと身長は?結婚は?本名は?同棲?』

このようなアクセスを集めるためだけに書かれたようなタイトルでは、確実にペナルティを受けてしまいます。単純にGoogleだけじゃなく、普通の人もこんなタイトルの記事なんて読みたくないですよね(笑)

記事の中身も既にYahoo!や他のサイトに書かれたような記事ばかりだと、ペナルティの前にアクセスが来ないので、オリジナルの文章を書いていきましょう。

ライバルサイトよりも濃厚な記事を書く

最近の他の人のアドセンスブログを見ると、薄い記事だけのブログと濃厚な記事が多いブログに分かれます。当然、濃厚な記事を書いているブログの方がペナルティにはなりにくいです。

昔は1記事800文字あれば良かったのですが、今は最低1記事1200文字以上はないときついですね。できれば全ての記事の文字数は2000文字以上で書いて欲しいです。

1200文字の壁を越えるのは難しいと思うかもしれませんが、下記の方法で記事を書いていけば普通に1200文字は越えるので、試してみてください。
参考:記事作成の極意

5000文字以上の記事を20記事書いただけで月収10万円を達成した人もいるので、濃厚な記事を書くように心掛けましょう。

もちろん文字数が多いだけではだめで、あなたの考えや感想、オリジナルの文章を書くことが大事です。

他のサイトと同じようなコンセプトにしない

見た目やサイトのコンセプトがトレンドサイトっぽいと、手動ペナルティを受けてしまいます。あらゆるジャンルを混ぜたごちゃまぜブログはトレンドサイトっぽいので、手動ペナルティを受けやすいですが、デザインで差別化していれば手動ペナルティを受ける確率は減らせます。

また、他のサイトと同じような内容の記事を書いていると良くないので、いかに自分の色を出せるかが大事ですね。

『中身のない記事は書かない』でもお話ししましたが、もうキーワードを羅列しただけのタイトルでは生き残っていくことはできません。キーワードを詰め込むよりも、いかに自然なタイトルに見えるかが重要になっています。

下記のようなタイトルはキーワードがたくさん詰め込まれていますが、完全に日本語としておかしいのでアウトです。いずれ消えていくブログです。

『土屋太鳳の身長や体重は?熱愛彼氏は?朝ドラ?性格は?水着画像は?』

このようなタイトルを、多少キーワードが減ったとしても自然なタイトルにしていかなければいけません。

『土屋太鳳の水着や脚画像まとめ!熱愛中の彼氏との今後は?』

という風に、自然に読める日本語としておかしくないタイトルにしましょう。ブックマークが多いブロガーのタイトルなどが参考になります。

今後はブロガーっぽいブログを目指すといいですね。

ちなみにサイトのコンセプトは、『このサイトはどんな人に読んでもらいたいのか』『このサイトはどんなことを発信しているの?って聞かれたらどう答えるのか』という観点から、サイトのコンセプトや世界観を考えてみてください。

他のサイトの劣化コピーにならないように、『あなたのサイトがなくても他のサイトがあるから特に困らない』ということにはならないように、軸を持ってオリジナルのサイトを作っていきましょう。

芸能人画像を乱用しない

最近では芸能人の画像を引用もせずに、乱用しているサイトがペナルティを受けやすい傾向にあります。芸能人画像を全く使うなというわけではないですが、もし使うなら引用元のURLを載せて引用しましょう。

引用元を載せない場合は自己責任でやってください。引用元を載せてないのにペナルティを受けていないサイトも中にはあるので。

また、外部リンクで飛ばす方法も効果的です。

どうしてもペナルティが怖い方は、芸能人画像は使わずに著作権フリーの画像を使いましょう。

ちなみにテレビ番組などをキャプチャーした画像は絶対に使わないでください。たった1枚のテレビのキャプチャー画像が、月収15万円を稼いでいたサイトを圏外に飛ばした例があるので。

動画は公式がアップしたものだけを使う

動画はサイトに埋め込んで使います。

YouTubeや他の動画投稿サイトには様々な動画が投稿されています。その中には明らかに違法アップロードした動画もあります。

テレビ映像やアニメ、映画などの動画は基本的に違法なので、使わないようにしてください。

一番安全なのは、公式が投稿した動画です。もし個人の動画を使いたい場合は使ってもいいのですが、どうしても違法か判断がつかないときなど、迷った際は使わないようにしてください。

一般人の個人情報は使わない

今は一般人でもツイッターやYouTubeやサイトを使って情報発信をする時代です。しかし、だからといって一般人の画像や個人情報を勝手にブログに載せてはいけません。

前に『これがバカッターたちだ!』みたいな感じでまとめ記事が書かれていたのですが、普通に画像も使っていました。彼らは一般人なので、本来は彼らの画像を使ってはいけません。

ペナルティどころか、普通にアドセンスの規約違反を受けてアカウントが停止される可能性もあるので、一般人の画像を使うのはやめましょう。

デザインにこだわる

やはりトレンドブログっぽくないデザインのサイトは、あまりペナルティを受けません。

僕のアドセンスブログはごちゃ混ぜブログで、被リンクやかなり危険なことも施してあるブログですが、デザインをこだわったので全く手動ペナルティを受けません。

他のトレンドブログを見て同じにならないようにしましょう。また、ブロガーやデザイナーのサイトを見て、あなただけのオリジナリティ溢れるサイトを作ってください。

背景に一枚絵を設定するのも効果的です。

アフィリエイトリンクの貼りすぎはNG

情報商材、ポイントサイト、ポイントを換金出来るサイトへのアフィリエイトリンクが多すぎるのはNGです。A8やレントラックスなどのアフィリエイトリンクも貼りすぎると危険ですね。

逆にアマゾンや楽天などのアフィリエイトリンクや広告は、いくら掲載しても問題ないので大丈夫です。

ただ、ポリシー違反の商品(例えばグラビア写真集やセクシー系の雑誌など)を写真広告で貼っていると、それが原因でアドセンスアカウント停止になるかもしれないので、気をつけてください。

アマゾンや楽天のモーションジェットで、偶然そのような商品が表示される分なら問題はありません。

Search Consoleを使わない

Search Consoleを使っていると手動ペナルティを受けやすくなるという報告をもらっていますが、信ぴょう性はあまりないです。

Search Console(ウェブマスターツール)を使っていて過去に手動ペナルティを受けた場合は、Search Consoleは登録しないようにしてください。同じように手動ペナルティを受ける可能性があります。

また、Search Consoleを一度も使ったことがない方は、そのまま登録をしないでください。

既にSearch Consoleに登録をしている方は、今から削除してもGoogle側にデータが残っているので意味はないのですが、登録解除したい場合は解除してください。

とはいえ、価値のあるサイトをしっかりと作っているならペナルティを受ける可能性は低いです。

あと、Search Consoleは使いたくないけどFetch as Googleの機能は使いたいという方は、Fetch as Googleじゃなくてもインデックスを早める方法があるのでご紹介します。

ちなみに、下記のサービスはインデックスさせたい記事のURLを入れてください。

Search Console(サイト登録なしVer)
Googleブログ検索
Bing

オリジナルな文章の書き方

グーグルからペナルティを受けるようなブログは、すでに他のブログに書いてあるようなことを別の言い方で書いたり、ほとんど同じような内容しか書いていません。

ありきたりな内容しか書いていないのでペナルティを受けるのです。

では、ペナルティを受けない文章とはどのようなものなのか。

それは、オリジナルな文章です。

例を出してみます。

ドラマ『エンジェルハート』のキャスト配役が話題だ。

主人公の冴羽獠役を上川隆也が演じたが、原作ファンや視聴者から『原作の雰囲気が台無し』『冴羽獠は何か違う』という反応があった。

その反面『再現率がすごい』『面白かった』という声もあり賛否両論だ。
ドラマ自体は原作をかなり意識した作りになっており、ファンが見るとニヤリとするようなネタも満載だ。

というニュースについて記事を書くとします。

ペナルティを受けやすい記事の書き方はこうです。

ドラマ『エンジェルハート』の配役がかなり話題になっているようです。

その中でも、冴羽獠役の上川隆也さんは原作のファンや視聴者から全然似ていないなどの声がある反面、雰囲気ばっちりという声もあります。

個人的には雰囲気がぴったりだと思いますが、賛否両論ですね。

ドラマ自体は原作ファンを意識した作りになっていて見所満載のようですね。

けっこう原作ファンが見るとニヤリとするようなシーンもあり、色々と探すのも面白いかもしれません。

といった感じの記事はありきたりのことしか書いていないし、ネタ元の記事を言葉を変えて書いているだけです。

このような記事ばかり書いていては、アクセスも伸びないし、ペナルティも受けやすく良いことがないです。

ではどのような書き方ならいいのか。

コツは2つあります。

一つ目はキャラクターを作るということです。

僕が運営者情報を作ってくださいと言ったのは、こういう理由もあります。

どんなキャラでもいいので、そのキャラになりきってブログを書くとオリジナリティが出てきます。

映画が好きなサラリーマン、スイーツ好きのおじさん、スポーツ好きの主婦、ゲーム大好き大学生などの人間系や、漫画好きのヒヨコ、噂話が好きなクマ、などのキャラクターもありです。

二つ目のコツは自分の感情や感動詞を多く出したり、自分の考えを強めにした記事を書くことです。自分の本音で記事を書くということですね。

以上を踏まえた上で記事を書くと、

ドラマ『エンジェルハート』が今話題になっていますね。

僕は原作ファンなのですが、どのキャストもぴったりの配役で原作キャラの良さをしっかりと演じていて面白いです。

特に海坊主はまるで漫画からそのまま出てきたかのようですよね。

再現度高すぎ(笑)

けっこうネット上では賛否両論ですが、全体的に見ると良い評価をしている人の方が多いと思います。

まだ最後まで見ていないので全体の評価はできませんが、アマゾンレビューで例えると今の段階では個人的に星5つくらいですね(笑)

あ、そうそう、このドラマはかなり原作を意識していますね。

なんというかファンサービスもすごいですよ。

ドラマで出てくる車のナンバーが連載開始の年だったり、ファルコンの取り乱し方も原作通りだったり、ファンならニヤリ(僕はニヤリとしました)としちゃいますね。

僕も原作と見比べてしまいました(笑)

僕の個人的な意見ですが、漫画などが実写化されるとちゃんと見ずに騒ぐ人がいますが、せめて最後までしっかり作品を見てから騒ぐなり何なりすればいいのに、と思います。

1話だけ見てそのドラマの善し悪し全てわかるなんてありえないので。

エンジェルハートのドラマはぜひとも、原作を超えるような作品になってもらいたいですね!

といった風になります。
上記の下線が感情や感動詞や自分の考えを意識した文章です。

そして、このような記事を書くと、必ず反対派の人から『ドラマが原作を超えられるわけないだろ!』などと思われます。

ただ、だからこそ、オリジナルの文章になるのです。

このような反対派の意見が出るような記事は、自分の感情や考えが記事に反映されている証拠なので恐れずに書いてください。

また、感動詞や自分の感情を強くした部分を、赤文字やハイライトで強調することで、その文章が目立ちグーグルの目視チェックの際に優先的に見られる可能性が上がります。

こんな感じに。

ドラマ『エンジェルハート』が今話題になっていますね。

僕は原作ファンなのですが、どのキャストもぴったりの配役で原作キャラの良さをしっかりと演じていて面白いです。

特に海坊主はまるで漫画からそのまま出てきたかのようですよね。

再現度高すぎ(笑)

けっこうネット上では賛否両論ですが、全体的に見ると良い評価をしている人の方が多いと思います。

まだ最後まで見ていないので全体の評価はできませんが、アマゾンレビューで例えると今の段階では個人的に星5つくらいですね(笑)

あ、そうそう、このドラマはかなり原作を意識していますね。

なんというかファンサービスもすごいですよ。

ドラマで出てくる車のナンバーが連載開始の年だったり、ファルコンの取り乱し方も原作通りだったり、ファンならニヤリ(僕はニヤリとしました)としちゃいますね。

僕も原作と見比べてしまいました(笑)

僕の個人的な意見ですが、漫画などが実写化されるとちゃんと見ずに騒ぐ人がいますが、せめて最後までしっかり作品を見てから騒ぐなり何なりすればいいのに、と思います。

1話だけ見てそのドラマの善し悪し全てわかるなんてありえないので。

エンジェルハートのドラマはぜひとも、原作を超えるような作品になってもらいたいですね!

そうなると、このサイトはオリジナルの文章を書いているな、と思われ、ペナルティの確率も下がるので、ぜひやってみてください。