アクセスが集まる記事作成の流れ

ここでは、アクセスが集まる記事作成の流れについて解説していきます。

アクセスが集まる記事作成

記事を書くにはまずネタニュースを探してキーワードを選定すると思いますが、キーワード選定をする際は、そのニュースを見た人が次に何を知りたいのか?ということを考えなければいけません。検索者が『もっと知りたい!』と思う出来事を選定してください。

Yahoo!などに書かれているニュース記事をリライトして、同じような内容を書いてもアクセスは集まりません。ニュースを読んだ人の、次の行動を予想してキーワード選定をしましょう。

検索者がどのような考えをして検索するのか、何を求めているのかを考えてキーワード選定をすれば、自然とアクセスの集まる記事になります。ニュースサイトに書いてある情報だけでなく、もっと深くて誰も書いていない情報を書いていき、興味を引いて読まずにはいられない記事を書いてください。

検索者が検索エンジンに入力する内容は、要は質問なのです。目の前で質問を叫んでいる人を想像すると分かりやすいです。

そして、その質問に対する答えを用意しておくのがサイトであって、必ず質問に対する答えを用意しておかなければいけません。それができていないと、アクセスは集まらないし報酬も発生しません。

あと絶対にやってはいけないことは、記事タイトルに書いてあるにもかかわらず『調べましたがわかりませんでした』と記事に書くことです。『そんな風に書くくらいなら初めから記事にするなよ! アクセス集めたいだけだろ!』と思われてしまうので、自分の予想や考察でもいいので必ず答えは用意してください。

ブログを見てくれる相手のことを考えて記事を書かなければ、アドセンスブログで稼いでいくことは難しいです。あなたの記事を見るのはGoogleでも機械でもなく、生身の人間です。そのことをしっかりと意識しておいてください。

また、狙っているキーワードをタイトルに入れることは当然ですが、文章の中にも積極的に入れていくようにしましょう。

記事作成の基本的な流れ

前の記事でも解説しましたが、記事を書く基本的な流れは下記です。

記事ネタニュース探し
キーワード選定
記事タイトル作り
見出しを決めて書く
記事の情報収集
本文を書く
まとめを書く
記事を公開
画像収集・デザイン・レイアウト

また、分かりやすいように『ネタ探し』『キーワード選定』『記事タイトル決定』『見出し』について動画で解説しました。