メルマガやセールスレターを読ませるための7つの必殺技の使い方


この記事は約 4 分で読めます。

メルマガやセールスレターを読まずにはいられない7つの必殺技

メルマガやセールスレターは読まれなければ成約に繋がらないので、
いかに最後まで読ませるかが重要になってきます。

今回はメルマガやセールスレターを読ませるための
『7つの必殺技』の使い方について解説をしていきます。

アイキャッチ画像が進撃の巨人っぽくなっていますが、本文とは関係ありません(笑)

読ませるための7つの必殺技動画

550

NOT READ(読まれない)の壁

メルマガやセールスレターを書く際は
NOT READ(読まれない)の壁を破壊する必要があります。
参考:コピーライティングで稼ぐためには4つの壁を破壊する必要がある?

その読まれない壁を破壊するための必殺技は7つあります。

  1. イメージしやすい言葉を使う
  2. 同じ意味の言葉を何度も使う
  3. 似た意味の言葉を感情的な言葉に替える
  4. 似た意味の否定的な言葉を肯定的な言葉に替える
  5. 文の初めと終わりに同じ話を持ってくる
  6. 次の文章をストレスなく読ませる
  7. 読者の思考を先読みして巻き込む

それぞれ一つずつ解説をしていきます。

イメージしやすい言葉を使う

例や比喩を使ったりシンプルで映像が浮かびやすい言葉を使って、
読者がイメージしやすい文章にします。

例)
『その部署は祭りの屋台のような賑やかさでした』
『トンネルのむこうは、不思議の町でした』
『スカイツリー3個分の高さ』

同じ意味の言葉を何度も使う

同じ意味の言葉を別の例で何度も説明します。

最低でも3回は繰り返すようにしてください。

例)コピーライティングの重要性を伝えたい場合
『コピーライティングで解決できないビジネス上の問題はない』
『人とモノとの新たな繋がりを持たせてくれるテクニック』
『コピーライティングは究極のコミュニケーションスキル』

似た意味の言葉を感情的な言葉に替える

似た意味の言葉を感情を刺激するような言葉にすり替えます。

無機質な言葉よりも、感情に訴えかけた言葉の方がイメージしやすいです。

例)
コスト⇒自己投資
面白い⇒笑い転げる
自由⇒好きなときに好きなだけ好きな事ができる

似た意味の否定的な言葉を肯定的な言葉に替える

否定的な言葉をポジティブな言葉にすり替えるのも効果的です。

例1)失敗⇒勉強になる
『失敗は悪いことではありません。成功の反対は失敗ではなく何もしないことです。つまり、失敗から学べることはたくさんあるのです』

例2)無個性⇒何にでもなれる
『個性がないということは、逆を言えば何にでもなれる可能性があるということです』

文の初めと終わりに同じ話を持ってくる

人は最初に言った事はほとんど忘れているので、
冒頭と最後で同じ話をして挟むイメージです。

例)
『今日は3つの〇〇の重要性についてお話します。1つめは・・・』と具体的に説明して、『以上の事から、〇〇と〇〇と〇〇の3つは重要だということです』と説明する。

次の文章をストレスなく読ませる

次の文章をスムーズに読ませるために接続詞を独立させたり、
文末と文頭表現を重ねます。

ただ、やり過ぎるとくどくなるので、バランスが大事です。

例)接続詞や他の言葉を独立させる
しかし・・・、また・・・、そして・・・
それ以外にもあったのです、など

例)文末と文頭表現を重ねる
恐れていたことが起こったのです。起こったのですが・・・
それは詐欺ではありません。ではありませんが・・・

読者の思考を先読みして巻き込む

人は参加したことに親近感や愛着を持ちます。

その特性を利用したものがインバルブメント効果と言います。

また、先に読者の疑問に答えることも効果的です。

例)読者を巻き込んでいく
『あなたのアイデアが使われます』
『一緒に考えてくれたあなたのおかげです』
『巻き込んだ前提で話していく』

例)読者の疑問に先に答える
『たった5分の作業で10万円手に入ります。『嘘でしょ!』とあなたは思ったかもしれません。それも無理はないです。確かに普通はこんな短時間で10万円は稼げないですよね。一般的な人の感覚ではみなそう思います。しかし・・・』

 

以上、7つの必殺技を使いこなせるようになれば、
確実にあなたのメルマガやセールスレターは読んでもらえます。
関連:お客さんに信頼してもらうための『7つの大罪』攻略方法とは





メルマガ寺子屋での実績者増加中

ネットビジネス 副業

メルマガ登録

ネットビジネス副業の成功手順へ戻る

コメントを残す